ヒーラー

ヒーラーとは、ゴキブリの事です。

トービーラーともいいます。

ヒーラーは、でかいです。

よく飛んでいます。

北海道から来た小学生が、カブトムシと間違えてたくさん捕まえたという話があります。

ヒーラーみたら、ヒンギ(逃げて)下さい。

ジーマミー

ジーマミーとは、ピーナッツの事です。

ジーマミー豆腐というのが、有名で非常に上手いです。

家庭でも作られます。

沖縄にきたらゼヒ食べてください。

アンダスー

アンダスーとは、油味噌の事です。

沖縄のアンダスーは、おにぎりの具材にもなります。

家庭でも違いますが、牛肉を入れたり、シーチキンを入れたりします。

お土産にも最適ですよ。

ハバー

ハバーとは、カッコイイという意味です。

「えー!あの車シニハバー」

などという感じで使います。

中学生は、何かにつけてハバーといいます。

言われて悪いモノではありません。

ハジカサー

ハジカサーとは、「恥ずかしがり屋さん」という意味です。

ウチナーンチュはハジカサーが多いです。

夏、ビーチに行ってもウチナーの女子たちは、水着になりません。

ハジカサーしているのです。

男もハジカサーします。

内地の女の人に声をかけられると、すぐ分かりますよ。

トー

トーとは、OKという意味です。

特に液体を注ぐときに必ずといっていいほど、使われます。

例えば、ウチナーンチュに泡盛をついであげたとします。

相手の好みの割り方が分かりません。

5:5なのか、7:3なのか。

よく分からんけど、注いでみてください。

程よいところで、

「トー!」

という声が聞こえるはずなので、そこでストップです。

トゥルバル

トゥルバルとは、「なまける」という意味です。

少し目を離すとすぐトゥルバル人がいます。

そんなときは、

「トゥルバらんけ!」

といって怒りましょう。

「なまけるな!」

という意味なります。

チャースガ

チャースガとは、「どうするか」という意味です。

「エー、チャースガ?」

というフレーズは、飲み会のあとによく使われます。

使う人は、飲み足りないようです。

もう少し付き合ってあげましょう。

ウシェテる

ウシェテるとは、「馬鹿にしている」という意味です。

「アニヒャー、デージウシェテる!」

などと言うと、

「あいつは、とにかく俺を馬鹿にしている!」

となります。

本気で怒っているときによく使います。

怖いですね。

ウミンチュ

ウミンチュとは、漁師の事です。

海人と書きます。

この漢字のTシャツを見たことがある人は多いと思います。

おかげさまで、沖縄の漁師も有名になりました。

ただ、昔から沖縄の漁師は勇敢で知られていました。

中国の古い文献にも載っているそうです。

 

<相互リンク>